横浜でペットと一緒にホテルに泊まる時に持っていきたいもの

ペットと泊まれるホテルを予約して横浜に行く前に、自分の持ち物だけではなくペットの持ち物もチェックしておく必要があります。着いてから、あれもないこれもないという事態に陥ってしまうと、せっかくの旅を楽しめなくなってしまいます。場合によっては施設や周りの人に迷惑をかけてしまう恐れもあります。現地調達できるものもあるかもしれませんが、できるだけ家で使っているものを持っていく方が経済的です。また、普段から使っているものだと自分のニオイがついているので、動物は本能的に安心します。現地調達では難しい専用のフードを食べさせている場合は、必ず持参していく必要があります。ここでは、必ず持っていきたいものと、できれば持っていきたいものの2つに分けて用意すべき持ち物を紹介します。

必ず持っていきたいもののリスト

横浜でペットと一緒にホテルに泊まるときには、事前に持ち物リストを作成してチェックしておくと忘れ物を防ぐことができます。旅行のために新しいものは必要なく、家にあるものを持っていけばいいです。必ず持っていきたいのが、普段から食べているご飯、食器、携帯用の飲み水、トイレシート、排泄物処理用ビニール袋、名札、リードや首輪、足拭きタオル、ブラシやコーム、ティッシュペーパーかトイレットペーパー、酔い止めの薬、です。食事は動物用のものを用意してくれるところもありますが、警戒して食べない可能性もあるので、普段から与えているフードを持っていく必要があります。トイレは施設を汚さないように、指定の場所でできるようにしつけておくことが大切です。長距離の移動になる場合は酔い止めも持っていくといいです。

できれば持っていきたいものリスト

なくてもいいけれども、あると便利なものもあります。ペットの種類によって異なりますが、ケージ、新聞紙(色々なシーンで活用できる)、雨具、スコップ(トイレ用)、ウェットティッシュ、服(抜け毛防止)、ガムテープや粘着テープ、消臭スプレー、毛布やクッション、おやつ、おもちゃなどです。ウェットティッシュがあると、よだれが垂れたときや少し汚したときにすぐ拭くことができて便利です。ガムテープや粘着テープがあると、服やホテルの絨毯やシーツに毛がついてしまったときに取り除くことができます。消臭スプレーもエチケットとして持っていると安心です。毛布やクッションは、いつも使っているお気に入りのものを持っていくと安心して静かにしてくれる可能性があります。可能な限り横浜で再調達しなければいけないというのは避けられるように、事前に持ち物をチェックしておくことが大切です。